カテゴリー: 債務整理の秘訣教えます

任意整理は誰が行っても同じ結果になるの?

任意整理はどの弁護士・司法書士に依頼しても、同じ結果になるとは限らないということです。医者と同様に得意分野がそれぞれあるのです。

借金が増えて、少しでも返済額を減らしたいとお考えの方は、任意整理というお手続きがお勧めです。

任意整理の詳しいお手続の説明はここでは割愛しますが、一番大事なことは任意整理はどの弁護士・司法書士に依頼しても、同じ結果になるとは限らないということです。


“任意整理は誰が行っても同じ結果になるの?” の詳細は »

利息に関する法規制について

債務の任意整理をするにあたっては、かかる「みなし利息」についても債務者からきちんと詳細を聞き出しておきましょう

適用する利率の判断については具体的な事例において
どの利率とするかの判断を必要とする場合があります。
“利息に関する法規制について” の詳細は »

個人再生と債務整理のあれこれを書いた

個人再生委員が選任されるかどうか、住宅ローン特例を使うか使わないかによって費用は大きく変わりますし 担当する専門家によっても異なります

個人民事再生は、裁判所の監督のもと、債務の支払いを停止し、債務の一部免除や長期の弁済条件などを盛り込んだ再生計画に基づいて返済する方法をいいます。


“個人再生と債務整理のあれこれを書いた” の詳細は »

貸し金業法の改正の意味をおさえる

調査の結果、総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けなど、返済能力を超えた貸付けが禁止され、これいじょうだと債務整理の可能性があります。

純資産が5,000万円以上の貸金業者でなければ、貸金業を営むことができなくなりました。法令遵守のための助言・指導を行う貸金業務取扱主任者について、資格試験を導入し、合格者(主任者登録を受けた者)を営業所ごとに配置することが義務化されました。貸金業協会を、認可を受けて設立する法人とし、貸金業者の加入を確保するとともに、都道府県ごとの支部設置が義務付けられました。
“貸し金業法の改正の意味をおさえる” の詳細は »

債務整理でも、家を残して、債務を圧縮する手続きがあります。

債務整理の一種、個人再生とは裁判所の監督のもと、債権者の無理な取り立てなどを制約しながら、債務者の経済生活の再生を図るための制度

個人再生とは裁判所の監督のもと、債権者の無理な取り立てなどを
制約しながら、債務者の経済生活の再生を図るための制度です。

民事再生法のひとつとして設けられていて、
小規模個人再生、給与所得者等再生の2種類の手続きがあります。

それぞれの手続きを見ていきましょう。


“債務整理でも、家を残して、債務を圧縮する手続きがあります。” の詳細は »

債務整理とその法律関係をあかそう

こと債務整理や過払い金返還請求をする際には、法律を無視するわけにはいきません。

“法律”と聞くと何だか難しそうに思えますし、確かに『六法全書』を見ても、
非常にシンプルなことさえも難しい言い回しをしています。

私たちは、日常生活の中では法律と無縁の生活を送っているようでも、
様々な局面で法律を関係することがあります。


“債務整理とその法律関係をあかそう” の詳細は »

債務整理手続きのひとつ、特定調停のメリットデメリット

債務整理の一つ、特定調停の調停委員は弁護士のように、味方的な役割ではなく中立の立場です。

特定調停のメリットとしてはどんなことがあるでしょうか
見ていくことにしましょう。

まず、

●弁護士に依頼せず、本人が容易に申し立てをすることができます。


“債務整理手続きのひとつ、特定調停のメリットデメリット” の詳細は »

信用情報機関と債務整理

債務整理と信用情報機関とのかかわりと今後について設置されているわけではない。

信用情報機関制度として
貸金業者共通のデータ―ベースで情報を共有し、
借り手について、すべての借入残高を調べ
他社の借入状態などを見たうえで貸し付けができるかできないか
(限度額まで他社で借りていれば借り入れができない)


“信用情報機関と債務整理” の詳細は »

自分の借金を見直してみる

専門家の手を借りて、1日も早く以前のような生活に戻れるよう、一歩踏み出してみることをおすすめします。

最高裁では、法の改正により、こうした過払金返済請求を増やすとともに、消費者金融側が自主的に金利を下げたり、顧客の信用度により金利を引き下げたりすることにつなげ、多重債務に苦しむ人の救済を目的としています。

しかし、その裏では、これまでのような高い金利利益を得られなくなった消費者金融が、借り入れが必要な人に対しての貸し渋りや貸しはがしなどが行われる心配もあります。


“自分の借金を見直してみる” の詳細は »