債務整理手続きのひとつ、特定調停のメリットデメリット

特定調停のメリットとしてはどんなことがあるでしょうか
見ていくことにしましょう。

まず、

●弁護士に依頼せず、本人が容易に申し立てをすることができます。

●特定調停を申し立てると業者からの取り立ては止まります。

●民事執行手続き停止の申し立てができます。

●取引履歴の開示を求めることができます

特定調停は本人が簡易裁判所に用意されている書類を用いて申請することが
容易にできます。資格の証明書なども
ほとんどが簡易裁判所の中に備えられていますので、比較的
スムーズに行うことが可能です。

特定調停手続きにおいては、申し立てにより取り立てがまずは止まります。

それから債権者(この場合は消費者金融など)からの情報履歴が
開示されます。

利息制限法の利率で計算し直した結果の債務額について
分割の弁済を合意できますので、弁護士がいなくても
債務整理ができることが特徴です。

逆に特定調停のデメリットもあります。

●取引開始当初からの開示がないことがある

(途中からの取引経歴に基づいての引き直し計算である場合がある)

●過払い金が発生している場合には、過払い金の請求ができない。
債権債務なしの和解がなされることもある。

●調停委員は弁護士のように、味方的な役割ではなく
中立の立場なので、ある程度の条件でガマンするように、というような
ことをいわれることがあり、当事者の意にそぐわないことも多い。

●もめごとがあっても弁護士がいないので解決しないこともある。

普通は取引開始当初からの取引開示は、任意整理の場合は
大前提となりますが、調停委員はその重要性を
あまり認識していないこともあり、いくらか債務額が減少すればいい、
という感覚で臨んではいけないし、そのような調停員の場合は
注意しなくてはいけない。

弁護士が任意整理をすれば、取引開始がいつか?ということを
重要視して取り組んでいくことであるが、特定調停では
そのあたりが甘くなることも多く、注意が必要である。

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む