任意整理は誰が行っても同じ結果になるの?

借金が増えて、少しでも返済額を減らしたいとお考えの方は、任意整理というお手続きがお勧めです。

任意整理の詳しいお手続の説明はここでは割愛しますが、一番大事なことは任意整理はどの弁護士・司法書士に依頼しても、同じ結果になるとは限らないということです。

任意整理というお手続は、裁判所等の強制力を行使できる機関を通さず、代理人である司法書士・弁護士と金融機関との直接の交渉によって行われますので、最終的には各々の経験や知識により結果に差がでてくる事は現実問題として避けられない問題です。

そのため、一番最初にどこに相談し、どこに依頼するのかが、最終的な結果に大きく影響してくるということです。もっと依頼者に有利な結果に出来たかもしれないと思うと、せっかく依頼したのに、なんだか損をした気持ちになってしまいます。そのため、任意整理等の手続を依頼する場合、その事務所が任意整理が得意なのかどうか?実績はどれくらいあるのかを確認することも重要になってきます。司法書士・弁護士であれば誰でも任意整理の業務を行うことが出来ますが、それに伴う知識があるとは限らないのです。

例えば、自分が難しい病気にかかった場合を想定してみると分かりやすいでしょう。医者であれば、誰でもどんな手術もすること自体は出来ますが、ほとんどの方は、なるべく上手い先生、なるべく高度な医療機器を有する病院等の情報を集めるはずです。 治るはずの病気が治らなかったり、助かるはずの命が助からない。そんなことにならないために情報を集め、自分に有利な病院を探すのです。 借金という問題も同じです。

最近ではインターネットが普及し、どこからでも全国の弁護士・司法書士を探し、情報を集めることが出来る時代です。 自分により有利な交渉をしてくれる事務所はどこか、そういった情報を集めることが失敗しない債務整理の第一歩です。

«
 

トラックバック URL

コメントを書き込む