いつまでの借入なら過払金があるの?

過払金とは過去の利息が違法に高かった際の利息の支払い分の返還を求めるものです。

そのため、借入利率が高くないと過払金は発生していません。最近は、CM等でも宣伝されており、自分が過払金対象なのかどうか不明な方も多いと思います。そこで、今回は、過払金が発生する理屈を投稿したいと思います。

過払金が発生する場合、必ずグレーゾーン金利と呼ばれる利率で借入しています。
グレーゾーン金利とは、利息制限法(違反しても刑事罰がない)に規定されている利率(15%~20%)を超える違法な利率ではあるが、出資法という別の法律で、違反すると罰則規定がある利率(29.2%)未満であることから、罰せられない事をいいことに違法な利率で貸出していた際の利率のことです。この、利息制限法に違反しているので民事上無効ですが、刑事罰がないために、事実上出資法の上限利率での貸出がなされていたために、過払金というものが発生することになりました。
このグレーゾーン金利は、平成22年6月18日に出資法の利率の上限を、利息制限法の上限の20.0%に引き下げたことによりなくなりました。さらに、法改正により、利息制限法の上限利率を超過した場合は、行政処分の対象になりました。

そのため、平成22年6月18日以降の借入については、過払金というものは理論上発生しないこととなりました。

相続を川崎から支援する団体です
借金を相続したと思っても、相続放棄する前に金利をひきなおして計算すると、過払い金を受取れる事もある。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

«
»
 

トラックバック URL