過払い金の法律的な根拠について

最近では「過払い金」という言葉がすっかり定着してきましたね。

消費者金融やクレジットカード会社から
キャッシングを利用したことがある人なら
一度は過払い金について、考えたことがあるのではないでしょうか?

とろこで、過払い金について、法律上どういう根拠で
返還の請求ができるかご存知でしょうか?

多分、大多数の方が良く分からないのではないでしょうか?

法律上、過払い金という言葉はありません。
法律では、過払い金の返還を請求できる権利は、
「不当利得返還請求権」と呼ばれます。

なにやら漢字にすると難しいイメージになりますが、
字のとおり、不当(適法ではない)に利得(利益の意味)を得ている人に対して
その返還を請求(返せと言える)できる権利のことです。

これは民法の第7703条に規定があります。

民法第703条
法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に
損失を及ぼした者は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。

つまり、過払い金を返還できる根拠は、利息制限法でも、貸金業法でもなく
民法にあったんですね。これは少し意外だったのではないでしょうか?

もちろん、利息制限法や貸金業法も過払い金の返還に関わっていますが
直接の請求の根拠は民法にあるということです。

«
 

トラックバック URL